sacredkith

就活生がんばれ!

2016.05.16 Monday | -

あまり思い出したくないのが自分の就職活動です。

 これははっきりいって何社も受けて落ちたという以前の、意思薄弱ということです。

 ですから、何社も受けても、立ち直って、また、チャレンジする今の就活生は、大したものだと思います。

 私の後の世代でバブルの恩恵を受けた人たちは、売り手市場の、学生の青田買い、囲い込みということもありました。

 私の頃はやはり今ほどではないにしても不況で、なかなか就職が決まらない人もいました。

 えり好みということはあり、何でもよければ就職はできた時代でした。

 過労死、ブラック企業という言葉はなかったとしても、危ない企業は確実に存在しました。

 よく選ばないと、我慢し甲斐のない企業も結構あったはずです。

 家族的経営は普通の時代で、かなりウェットな人間関係が、企業ではありました。

 その代わり、今は使い物にならない若者を育てるという雰囲気も多分にあり、現在の企業風土からいうと、昔はかなり今と違った企業状況でした。

 世の中が変質してきています。

 しかし、人の中身はそう変わりません。

 厳しい時代で、不安を抱え、挫折を味わわされている若者には、頑張ってほしいというのが、贈る言葉です。
author : admin | - | -