sacredkith

3度も事故りそうになった

2014.11.13 Thursday | -

昨日は余りの眠さに会社から帰って昼過ぎにはもう眠ってしまっていた。

実質で6時間近く寝たことになるが、仕事のある日にここまで寝たのは本当に久しぶり、まあ、だからと言って、仕事がバリバリ出来るようになるはずもなく、同じような内容だったのは言うまでもないことだ。

今に始まったことではないが、会社の行き帰り、3度も車に当てられそうになった。

1度目は出勤時、普通に自転車道を走っていたら、脇道から出ようとした車が左右の確認をせずに発進しようとして当てられそうになった。車は道を阻んでいて後ろに回り込むわけにもいかず、また車道に出て行くまで停まって待つ時間もなかったので、ヤバいなと思いつつ前を通り抜けようと思ったんだ。

案の定、ヤバかった。あんなところで当てられたら、場合によっては俺が車道に転がって他の車に当たって板かもしれない。ドライバーは若い奴だったな。

2度目は同じくは出勤時、ちょっと歳のいったオヤジ。俺が松茂の空港の前の信号を渡っていた時、いきなり車が左折してきてぶつかりそうになり、オヤジは急ブレーキ、俺は避けようとして自転車から転げ落ちそうになった。

全く、何を見ているんだか、しかし、オヤジは表情を変えず、しれっとしていたので、信号を渡り切るまでオヤジの顔をずっと睨み付けてやった。

3度目は帰宅時、脇道から飛び出そうした車に横から当てられそうになった。1回目と同じような感じだ。1日に3度目だからといって慣れたりしない。特にこの時、もし事故ったらこれからどうなるかな? 入院とかしたら仕事はクビか? なんて考えていたから、そのビビリ方はハンパじゃなかった。

今度は若い(といっても30代くらい?)女だった。相手もスゴイ顔で驚いていた。

こういうことは本当によくある。今まで事故らなかったのが不思議なくらい頻繁にニアミスが起こる。

特に最近のドライバーのマナーの悪さには辟易するし(といいつつ、俺自身、相当マナーが悪く、いつもぶっとばしているので、多分周囲はかなり文句を言いたいだろう)、相変わらずケータイで話しながらの運転も多い。

そんな奴がハンドルを切りながら車を走らせている横を通るのは、例え相手が徐行しているとしても不安をかき立てられる。

とにかくヤバそうな車がいる時は、よく判るところをわざと通って(もちろんこっちは当てられないようなところだ)、相手の顔を睨み付けてやることにしている。じゃないと、ドライバーにはまるで判ってないやつだっているんだから。

出来ればこのまま事故ることなく過ごしたいが、今日のようなことがあると、その内、イタイ目にあいそうだな、なんて思ってしまう。

そう言えば帰りに交通事故で警察が立ち会っていたところを2度見かけた。徳島は交通マナーが悪いので有名だが、住んでいる身としてどうにかして欲しい。

学費を今すぐに貯める方法
author : admin | - | -